お問い合わせ

オススメのバイブの選び方:バイブバーがおススメです

Bag Full of Sex Toys

この記事は約2分で読めます。
本文は約1188文字です

渋谷にはバイブバーという店舗があります。

クリックできる目次

バイブバーとは?

アダルトグッズショップ「WILD ONE」を展開する株式会社ワイルドワンが2013年、渋谷にて誕生。「見て、触れて、動かして…」がコンセプトのバイブバー。カウンターとバックバーには常時350種類前後のバイブがリキュールさながらに陳列されている。

オープン当初から「アダルトグッズに興味があってもショップに入りづらい」「実際に触ったり、相談しながら検討したい」といった女性の性に対する探究心に寄り添い続け、接客を通して一人ひとりに最適なバイブや性に関するお悩み解消などへのアプローチを行っている。男性の単独入店が可能な「マラナイト」も不定期で開催している。

バイブを見て、触れて、動かして…。が当店のコンセプト。

THE VIBE BAR WILD ONE では、国内外の厳選したバイブを常時展示しております。
ふだん一度では出会えない・触れられない数多くのバイブたちに、一度に遭遇できるチャンス。
貴女の琴線に触れる一品に出会えるかもしれません…。

また内装はバーのテーマにあわせた独特のもの。
オーダーメイドのインテリア・オブジェが非現実の雰囲気を盛り上げます。

バイブバーの利用者は?

東京・渋谷にある「バイブバー」は、女性やカップル向けのアダルトグッズのコンセプトバーであり、常時350種類以上のバイブを陳列し、お客さんが選び取る楽しみを提供している。このバーは、性に関心が高い女性やカップルが訪れ、性について自由に話し合える空間となっている。また、LGBTフレンドリーな雰囲気もあり、多様な性愛の形に理解もある。

女性が性について気軽に話し合い、アダルトグッズを手に取りやすい場所を提供することを目指していることから、男性単独の入店を制限している。また、バイブの選び方や性に関する悩みについて、スタッフが丁寧にアドバイスを行っている。

バイブバーは、アダルトグッズに興味があるがショップに入ることに抵抗を感じる人たちにとって、気軽に立ち寄れる場所であり、男性のお客様もマナーを守っていることに感謝しているが、万が一のトラブルに備えてスタッフが待機している。

バイブバーは、将来的には性愛やアダルトグッズについてライトに話し合える社会を目指していると語っている。

バイブバーの利用者の声

  • 店内の内装やトイレが特徴的で、訪れる価値がある。
  • 入場料は高額で、制限時間があり、特定のドリンクが提供される。
  • 性的なコンセプトを持つため、特定の性的興味を持つ方にとっては興味深い場所である。
  • 女性やカップル向けのコンセプトバーとして、特定の客層を対象としている。

出典:Google口コミ

記事が参考なったらシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コメントを閉じる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

クリックできる目次