お問い合わせ

私が潮吹き出来るようなった時のオナニー方法を公開

この記事は約2分で読めます。
本文は約909文字です

これまでの人生で潮を吹いた経験は、若いストリッパーにVIPルームで私のアソコを舐めてもらった時だけだった。

私はハイになっていたし、なぜ彼女とそうなったのか理解できなかった。ただ、潮吹きしたことには感謝していた。

最近、パンティを脱がずにバイブでオナニーするためにベッドに横になった時の話をします。

私はオナニーの時にパンティを脱がないのは、その方がクリトリスがすぐに敏感にならないし、いつもは何度もイクから、そうしている。

今回のオナニーで、オーガズムがやってきた感じがした。パンティを濡らしてしまったみたいだった。

すごい気持ちよかったけど、完全なオーガズムではなかった。パンティとベッドがびしょびしょになるまで、それは2回続いた。

その後、私は目の覚めるようなオーガズムを感じ、隣の家の犬が外で吠え始めるほどの大声で叫んだ。私はもう一度それを起こそうとしましたが、2回目は大きなオーガズムの前に潮を吹くことなくイッてしまいました。

読んだところによると、私はおそらく脱水症状を起こしていたようだ。

次にオナニーしたときは裸で、激しくイッた。でも、潮吹きはなかった。

その次は、またパンティをはいて潮吹きをした。潮吹きの回数が多ければ多いほど、フルオーガズムはもっとすごいものになるみたい。

でも、私のクリトリスはとても敏感だから、パンティを履いていないと、潮吹きが起こる前にイッてしまうの。

彼は、私が潮を吹くことができると知ってから、セックス中に潮を吹かせようと思ったようだ。

それで次に後背位で私を犯したとき、彼は私のパンティを引き下ろす代わりに、パンティを横にずらし、私の中にペニスを入れてクリトリスを優しくブラッシングするように手を伸ばした。

気を失いそうになるほどのオーガズムに達する前に、私はベッドを3回も濡らしてしまった。

それから……そう、もう1回……私はボーイフレンドのペニスに馬乗りになりながら、クリトリスをかろうじてかすめる程度に手を伸ばした。

狂ったようにイク前に、私は彼を2回びしょびしょにした。

記事が参考なったらシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コメントを閉じる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

クリックできる目次